スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上田健人騎手が重賞初勝利

先週の日曜日、重賞 ジュニアグランプリ(2歳 芝1600m)が行われ、北海道所属のセラミックガールが制した。

鞍上の上田健人騎手は大井所属での勝利。岩手通算20勝が嬉しい重賞初勝利となった。


2012ジュニアグランプリ 口取り

レースラップは123-121-123-129-126-128-124-125 

マンセイグレネードとリュウノカミカゼが前半3F 36秒7の速い流れでレースを引っ張ったが、セラミックガールは3馬身離れた内々3番手を進み、直線は最内を突いて一気に突き抜けた。

「返し馬の雰囲気がとても良く、能力のある馬だと確信した。逃げろの指示だったがゲートが悪くて3番手からの競馬になったが、結果的にはあのポジションで良かったと思う。インが必ず空くと信じていたので、直線では迷わず内に入った。追い出してからの反応も素晴らしかったです」
と上田健人騎手。

撮影をしている「ふじポン」の後ろから
↑撮影をしている「ふじポン」の後ろから

今回、上田騎手の騎乗をコーディネイトした古谷剛彦氏
↑今回、上田騎手の騎乗をコーディネイトした古谷剛彦氏

最後に岩手での騎乗を終えた上田騎手のコメント
「また機会があったら岩手に騎乗に来たいですね。その時は、もっと成長した自分を見せられるように今後も努力していきます」

スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

TM大場

Author:TM大場
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。